自動認識総合展、3つの特徴!!

  • 先進の自動認識技術を集めたゾーンを今年も設置!

    1. モバイル&ウェアラブルゾーン

      製造、流通、運輸・物流、店頭などの現場ではモバイル端末の存在は今や珍しい物ではなくなりました。それに加え身に付けて作業効率を上げるためのウェアラブル機器が昨今注目を集めております。
      自動認識総合展では、モバイル端末・モバイル連携機器、ウェアラブル機器などを集めたゾーンを設置いたします。
      モバイル&ウェアラブルゾーン」に是非ともご出展ください。

    2. 画像認識ゾーン

      先進の画像認識技術を集めた「画像認識ゾーン」を設置いたします。
      本ゾーンでは、画像認識技術(画像処理、3次元計測)による個体パターン認識や画像処理による画像情報の認識、バーコード認識、文字認識(OCR)、指紋・顔認証などを中心に、企業や生活者が利用できる応用技術などを幅広く出展募集いたします。

    3. センサネットワークゾーン

      IoT時代の自動認識技術、各種センサとネットワーク構築サービスを集めた「センサネットワークゾーン」を設置いたします。
      自動認識で、産業用機器、精密機器、建設機器、電機・電子部品、家電・AV機器、自動車などの様々な“モノ”を認識しインターネットに接続することで管理するIoT(Internet of Things)や機器間のネットワークでつなぐM2M(Machine to Machine)などのセンサネットワークを幅広く出展募集いたします。

  • 低価格・小サイズ小間『Bタイプ』

    大きく予算は取れないが、自社製品・技術をPRしたい方、低価格・小サイズ小間「Bタイプ」にて出展をご検討ください。
    ブースサイズは小さくなりますが、低予算にて出展することができます。

  • 5展示会合同企画

    「自動車技術ゾーン」・「ロボット技術ゾーン」

    同時開催の「フルードパワー国際見本市」、「測定計測展」、「センサエキスポジャパン」、「総合試験機器展」の共通ユーザー層である自動車業界・ロボット業界のさらなる来場誘致のため「自動車技術ゾーン」・「ロボット技術ゾーン」を新たに設け、5展示会の共通ゾーン展示として出展社限定の「パネル展示」を募集し、より内容の充実したゾーン展開を図ります。